バッテリー上がり 出張ジャンピングサービス 

横浜市内 出張作業費込¥8,800(税込)

バッテリージャンピングとは?
 

ライト、室内灯の消し忘れや劣化、長期間の未乗車による放電等で上がってしまったバッテリーに外部電源を使ってエンジンを始動させることをジャンピングと言います。

弊社では12V、24Vの6000cc前後までのエンジンを始動させる機材でエンジン始動サポートいたします。

 

 

 

作業工程
 

①バッテリーの状態を確認し上がった原因を調べます。

 

②傷防止用カバーを使い養生しテスターにて初期電圧を計測。

 

③クルマの電子機器をサージから保護するアダプターを車のバッテリーに取り付けます。

 

④外部電源を取り付けてジャンピングしエンジン始動となります。

 

⑤発生電圧を測定

 

⑥この後の作業は自走できるレベルかどうか判断した上での作業となります。

とくに初期電圧が低い場合は暫く機材を付けたまま5分~10分ほどアイドリングしエンジンを停止。

再度、電圧またはCCA値を確認して自走可能かを判断します。

少し時間を頂きますが大切な作業とご理解ください。

 

⑦今後の対策をお客様へお伝えして作業完了となります。

 

 

自動車整備士免許を持つ隊員が対応いたします。