リスク説明

BENZ Vクラスのバッテリージャンピング作業です。

電圧を確認すると0Vに近い完全放電。

弊社で担当するバッテリー上がりの7割近くがライトやルームランプ消し忘れによる完全放電です。

最初の電圧の確認が非常に大切で、これによってお客様にリスク説明をご説明します。

電圧0Vに伴う各種設定リセット。

ナビ等の電子機器の不具合の可能性等ですね。

そんな説明をしているとお客様から

「なるほどね~バッテリージャンピングはそこまで説明しないといけないんだね~」と感心されておりました。

お話しを伺うとお客様は中古車を主に扱う車屋さん。

以前お客様の車をジャンピングした際にナビに不具合が発生してクレームになったとのことでした。

「もしかしてストラーダですか?」

「そう正解。今ではストラーダの不具合は有名な話だけど、当時は、お前のところで作業した直後にナビが壊れたんだ~(怒)となってね・・・」

そんなこんなで車屋さんとバッテリージャンピングあるある話で盛り上がりました~w

バッテリージャンピングは簡単なようで、実はとてもシビアで奥深いです。

リセットで発生するトラブルは状況や車種によって変わります。

日々勉強ですね~。

さて梅雨入りした関東地方、暑いのか寒いのか良くわからない天候が続いております。

体調を崩さぬように体調管理して夏に備えたいですね!

最新記事
アーカイブ